テーマ:大和

「出雲と大和」をゆく ④~久美浜の神谷神社

 連休には舞鶴に泊まって海自を見学するつもりだったが、予約するのが遅かったので久美浜にしか宿がとれなかった。  「いくらなんでも久美浜は舞鶴に遠い」とがっかりしたのだが「出雲と大和」を読み直していると、久美浜の「神谷神社」の話が書いてあった。  読めばなかなかそそられる神社である。  ~この神社には境内地に接する山麓部に巨大な磐座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「出雲と大和」をゆく ③~宮津のカレー焼きそば

 宮津はカレー焼きそばで町おこしをしていると聞いた。  ならば、行かねばならぬ。  海の幸あふれる街へ来て、なにが悲しくて「お好み焼き屋」へ行くのか。  とは思うものの、大阪の人間の性分である。  カレー焼きそばが食べられる店を探した。  宮津と云えば細川氏である。細川氏は藤孝の代に伸びた。  「国盗り物語」では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「出雲と大和」をゆく ②~アマテラスがきた

 籠(この)神社は天橋立の砂州の北側にある。  南側を代表するのが文殊院だとしたら、北側は籠神社である。  籠神社の奥宮は真名井神社で、神社から少し山手にある。歩いて10分ほどの距離だっただろうか。  ここには磐座がある。  磐座信仰から始まった神社ではないか、と思った。  籠神社は2番目の元伊勢である。もともとア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「出雲と大和」をゆく ①~元伊勢 桧原神社

  「元伊勢」と称する神社がある。  伊勢、五十鈴川河畔に内宮が鎮座する前に、天照大神を祭る宮地は転々と移動した。伊勢に落ち着くまでの場所を「元伊勢」と呼ぶ。昔から興味があって、瀧原宮だけは30年ほど前に行ったことがあるのだが、以来、途絶えていた。場所は30カ所近くある。  近年、大神神社へ行く機会が増え、山辺の道を歩くと最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にっぽん百名山~対象外の大和三山を登る(笑)

 「にっぽん百名山」も年度替わりで新しいシリーズに入るはずだが、  再放送が多く、新作はまだ登場していない。  BS1で始まった「実践」編にシフトしていくのかしら。  ちなみに昨年末までに放映された山は22の磐梯山までで、  1、大台ケ原山  2、屋久島・宮之浦岳  3、丹沢  4、くじゅう連山  5、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「出雲と大和」~ひょっとして岩波新書のベストセラー?

 今回はヤマトの話ではない。   最近面白い本はないか?とたずねられるとお勧めしているのが村井康彦著「出雲と大和」(岩波新書)である。  こんなに先が気になってどんどん読めた岩波新書は「 失われた大陸―アトランティスの謎」以来かも。  ということは最初に読んだ岩波新書以来ということか。  この本は1月末に店頭に並ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more