7日間ブックカバーチャレンジ ⑤(「街道をゆく」司馬遼太郎)

 勤めだして最初に仕えた上司が司馬遼太郎をよく読んでおられた。  ちょうど「翔ぶが如く」から「坂の上の雲」を読み進めておられた頃かしら。 「どう思う?」  と聞かれたが、読んでもいないので、 「よく分かりません」  と答えた。  だが本当はゼミで、 「司馬など論外」  という空気に染まっていたからだ。大学での司馬遼太郎の…
コメント:0

続きを読むread more

7日間ブックカバーチャレンジ ④(「ブラハの春 モスクワの冬」藤村信)

 1968年のチェコ事件や「5月革命」からヨーロッパの社会主義陣営で起こり始めた自由化への歩みは一進一退だった。  その意味を丹念に分析したのが、パリ駐在の中日新聞記者、藤村信さんだ。  岩波の「世界」に掲載された「パリ通信」は世界がどうなっていくのかを今、考察していくというスリルに満ちた試みである。 「歴史とは歴史家と事実の…
コメント:0

続きを読むread more

7日間ブックカバーチャレンジ ③(「ハーメルンの笛吹き男」阿部謹也)

 大学へ入り、専攻は西洋史にした。  一学年、10名である。  西洋史と言っても範囲は広うござんす。  10人の学生が勝手な国と時代を決める。専門課程の先生は4人。イタリア近代史、ドイツ中世史、ドイツ現代史、イギリス近代史が専門の先生がいて、教養からフランス近代史、ローマ史の先生が手伝いに来られる。  それ以外をテーマにするなら…
コメント:0

続きを読むread more

7日間ブックカバーチャレンジ+ (「戦争と平和」トルストイ)

「次郎物語」も「ジャン・クリストフ」も長編だ。高校時代は長編でないと小説ではないような心境で本を選んでいた。「魅せられたる魂」「チボー家の人々」などと進み、長いからという理由だけで「静かなドン」「戦争と平和」「復活」「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」なども読んでいた。最近では話題にならなくなった芹沢光治良の「人間の運命」も読んでいた。 …
コメント:0

続きを読むread more

7日間ブックカバーチャレンジ+ (「どくとるマンボウ青春記」北杜夫)

 中学のときに英語塾に通っていた。  先生は当時、京都のR大学の学生で、本人曰く、 「僕はノンポリ」  勉強の合間に時事解説のように大学で起こっている学生運動の話をしてくださった。専門用語だけは覚えたが、中身はなにも理解していない。  先生は登山家でもあった。  新田次郎の「孤高の人」を勧めてくださった。  ご本人も単独…
コメント:0

続きを読むread more

7日間ブックカバーチャレンジ ②(「現代日本の開化」夏目漱石)

「こころ」も高校の教科書から入った。  魅了されて「三四郎」まで遡り「明暗」まで読んだ。参考に読んだのが江藤淳の「夏目漱石」だ。暗い漱石像だった。 「あなたは東京がはじめてなら、まだ富士山を見たことがないでしょう。今に見えるから御覧なさい。あれが日本一の名物だ。あれよりほかに自慢するものは何もない。ところがその富士山は天然自…
コメント:0

続きを読むread more

7日間ブックカバーチャレンジ+(「ジャン・クリストフ」ロマン・ロラン)

 高校生になってすぐ親しくなったのが作曲家を目指していたKである。  ほぼ毎日、帰りが一緒だった。下校道の途中で楽器店に入り、 「これ知ってるか?」  とわたしに言ってはショパンやベートーヴェンやモーツアルトを弾いた。  ある日、当時のわたしには騒音の塊にしか聞こえない曲を演奏した。 「プロコフィエフの6番」  とK…
コメント:0

続きを読むread more