テーマ:のだめ

オーケストラで描くヒロインたち

 今年も聴いてきた京響の大河ドラマシリーズ。  会場も去年と同じ兵庫県芸術文化センター・KOBELCOホホール。  この大きな会場が毎年満杯である。根強い人気を確保している。  今年のテーマは「オーケストラで描くヒロインたち」で、江と篤姫にからんだ大河のメーンテーマが演奏された。  「秀吉」「黄金の日々」「天地人」「江」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーン、ヤンソンス、BPO~ショスタコーヴィッチ

 何気なく聞いている内にどんどん引き込まれていった。  ヒラリー・ハーンが東京でベルリン・フィルとショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲1番を演奏した放送を見ていたときのことだ。第3楽章あたりからグイグイと引き込まれ、最後は呆然とした。2000年11月26日、サントリーホールでの演奏会だった。  ショスタコーヴィチ好きだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ~最終楽章(後編)・・・おやっ?

 「のだめカンタービレ」最終楽章(後編)のディスクが来た。  映画館で観たときから気になっていたシーンは、ルイと千秋がラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を演奏したところ。第一楽章が終わったところで、聴衆がスタンディングオベーションをしたのではないか?って、とこなのだが、やはりそうだった。  普通、真っ当なコンサートではしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ最終楽章(前編)~原典版

 遅ればせながら映画版「のだめカンタービレ」(前編)を手に入れた。  もうすぐ後編が発売される。  TV版「のだめカンタービレ」(前編)では、冒頭からシュトレーゼマンが登場する。映画版では終盤に登場し、あれこれ呟いているシーンが、TV版では冒頭に出てくる。  この思わせぶりなシュトレーゼマンのシーンが終わって、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BECK

 この項目、ネタバレあり、です。  漫画には音もなければ動きもない。多分、音楽を表現するにはもっとも不的確な表現手段である。しかし、中には音楽が聞こえてくるような気がする作品もある。「のだめカンタービレ」がそうだった。クラシックではベートーヴェンの7番の交響曲、といえば版や演奏の違いはあっても、何かを聴いておれば想像は働く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ~最終楽章 後編

 好きな曲が大活躍するので、観ていて楽しかった。  ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調の話。  「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」をやっと観てきた。  のだめがこの曲に出会ったとき、コミック版での、そのうれしそうな表現を眺めながら「のだめに似合いそうな曲の選択」だと思った。映画でもおなじみ、変態の森の動物達が、のだめと一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲食男女

 台湾に短期留学をしていた友人にお願い事をしたときの話だ。  邦題だけ覚えている台湾映画のDVDを探してもらった。  「邦題は『恋人たちの食卓』、だったと思う。レンタルで観て、是非、欲しいと思ったのだが日本では入手できないんだ」  「どんな話ですか?」  「ん~~、中華料理を作るシーンが延々と続くんだ」  「なにか、他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「のだめカンタービレ」原典版、ハース版、ノヴァーク版 (笑)

 「観てきました」、「買いました」と数人からメールが来た。  前者は「のだめカンタービレ最終章~後編」の話で、後者は「1Q84」の第3巻のことだ。これらは黄金週間のお楽しみにとっておくとして、テレビで放送された「のだめカンタービレ最終章~前編・特別編」について。  映画館で観たときに「?」と思って、うっちゃっておいた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月になれば~は・・・

 最近、話題になる曲には「こんなものが!」と思うものも多い。  有名どころでは「1Q84」に登場したヤナーチェックの「シンフォニエッタ」。この曲を有名にした功績は村上春樹にあるだろう。小説に登場した途端、市場からあっという間に消えた。知られてない曲だけに流通しているCDが少なかったからだろう。さもありなん。  千秋が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒 肴 酒

 「行きつけの店」を書いたのは山口瞳。  「食通知ったかぶり」は丸谷才一。  全国各地の店を紹介している。住んでいる地元の人間でも知らない店は沢山ある。読んでみて行ってみたい、食べてみたいと思わせるには文筆家の力量が問われる。小説で一番難しい表現は「食」だという。  トルストイの「アンナ・カレーニナ」には牡蛎を食堂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オラモの「巨人」

 たまには海外のオーケストラを生で聴かなければいけない。  普段は大阪フィルを聞いています。聞き始めて40年余り。  格段に腕が上がったと思います。  ありがとうございます、大植監督。  次はブラームスの交響曲全曲演奏シリーズ、いきます!  昨日、S・オラモ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルゲリッチだらけ

 アルゲリッチは神戸で一度生を聞いたことがある。  キャンセル魔の噂もあり登場するかどうか、主催者並みに心配した。素晴らしいステージだった。ライブで聞いたピアニストとしてはピレシュ、ルイサダ、田部京子がよかったがアルゲリッチも素晴らしい演奏を聴けた。聞いて楽しかった、という面でいえばアルゲリッチはその音楽仲間と一緒のステー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more