秋山大治郎と篠原副隊長

 新しい「剣客商売」が放送された。

 秋山小兵衛に北大路欣也、大治郎に斉藤工、佐々木三冬が杏、おはるに貫地谷しほり。

 このなかでは杏嬢が「平清盛」に北条政子役で登場している。あまりにも美しく、背の高い三冬なので、山賊のような政子と同じひとが演じているとは思えなかった。
画像

 ただ、杏嬢が三冬のイメージかと聞かれるとちょいと外れている気がする。もっとも三冬のイメージだけは今まで演じてきた役者さん、すべてが外れていると思っているので、杏ファンのみなさん、ごめんなさいね。

 大治郎の斉藤工くんは大河「江」では京極孝次役。
画像

 実写版「SPACE BATTLESHIP ヤマト」にも山本役で登場。古代をかばって見事に散っていったのが記憶に新しい。

 そもそもこの「ヤマト」シリーズにおけるコスモタイガー隊員、山本のイメージが変わったのは、斉藤くんが登場してからなのである。
画像

 「2199」のスタッフも山本の人物像を上書きしたのではないかと想像した。
 久しぶりに実写版をみたら「悪源太」が加藤隊長をやっていたのに気づいた。

 1stの山本くんには暗いイメージがあった。あと、多分、後半で活躍するだろう機関室の藪に至っては、まだネクラなんて言葉はなかった時代だが、ネクラで心配性。
画像

 1stが放送されていたあの時代、「暗い」性格は今ほどたたかれなかったから、社会の中でそれなりに存在しえた。長髪で暗くてシニカル。いっぱしの「すねもん」を気取る輩がいた。「マイ・バック・ページ」で松山ケンイチが演じた青年が典型的な像かもしれない。

 さてそれはそれとして「2199」における山本くんであるが、再三、書いているように「既に死んでいる」。この理由はまだ明らかになっていないが、ヤマト航空隊における「さわやかで明るく、かるいパイロット像」を演じているのは、副隊長の篠原くんである。
画像

 この篠原くんのキャラが斉藤工くんと重なるのである。

 実写版の影響とみたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)