テーマ:さだまさし

こころ旅~滋賀・近江今津編

 近江今津と余呉湖を訪ねた。  「にっぽん縦断こころ旅」滋賀県編のあとのこと。  火野さんが食事をした今津港前にあるおそばやさん。  NHKだから店の名前は出さないが「ひょうたん亭」という。  ちゃんと火野正平さんのサインが置かれていた。  放送後は「混んで混んで」とお店のかたがうれしそう。  はい、わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『今夜も生でさだまさしスペシャル“いつでも夢を!朝まで生で音楽会”』

 ネタとしたらちょっと古いんじゃない?  もう、次のがあるじゃん、と、突っ込まないこと。  3月末に録画だけした生さだ「いつでも夢を」編をやっと見た。  とにかく5時間だから、見直すのも大変である。  多彩なゲストに驚ろかされたが、一番、びっくりしたのは水樹奈々嬢の登場だった。なんでも「秋桜」をハモったつながりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にっぽん百名山~2012年に放送された山

 年の初めなので見ていただいている方にちょっとだけ役立つ情報をご提供しましょう。  「にっぽん百名山」で昨年、放送された山です。  NHKの番組HPをみても掲載されていないので自分なりにまとめてみました。  漏れがあればごめんなさい。 1、大台ケ原山 2、屋久島・宮之浦岳 3、丹沢 4、くじゅう連山 5、石鎚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕は空になる

 「空」は「から」と読まないように。 と、まっさんはことわった。  いささか古いネタになってしまったが、「生さだ」宇都宮編での話。  「にっぽん百名山」という山旅番組が始まってその主題歌を披露した。  題して「空になる」。  ここは当然「そら」である。  よい歌である。  ♪らららら~♪のところが気に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生さだ」~和歌山編~秒速50センチのあゆみ

 「秒速50センチ」と云う題の曲ははたして産まれるだろうか?  桜前線の進行速度だ、というが、時速1.8キロだからゆっくりめに歩いているぐらいか。同時にさくらの花が散る速度ってのもいいね。「生さだ」和歌山編を見ながらそう思った。  今年度から1時間半になっているが5月にオレゴンから生中継するための予算のやりくりのせいだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「えぇトコ」~中津編

 おや、この展開は関西版「ブラタモリ」か?  関西では有名な毎日放送の元アナウンサー、角淳一さんがNHKの紀行番組「えぇトコ」に登場。  「あっ、それでか!」 と思い出したのが今年の正月の「生さだ」大阪編。あそこに突然、角さんが登場したのは、この伏線があったからなのか、と思ったのだが違っているかしら。 別に違って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十津川中学の校歌~「生さだ」

 2月6日、昨年9月の台風12号で出来た土砂ダム湖について「土砂災害の危険性が低くなった」として事実上の安全宣言を国交省の近畿地方整備局が出した。半年かからずの復旧工事だった。明治22年以来の治水事業の蓄積もあってのことだろうが、早期の回復をよろこびたい。  そんななか、今朝11日の毎日新聞には、4つの中学がひとつに統合されて今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生さだ」~岡山編~

 岡山からは初めてとは意外だった。「生さだ」岡山編です。  今回は構成作家の井上さん、会心の題であったのか、何度もやっていましたね。  「おーかやま いいぞう!吉備といつまでも」だって。  「わかやま」も使えそうって挑戦していたがこれは不発に終わった。  そうでもないと思うけど。  「わーかやま いいぞう!紀伊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生さだ」~大阪編

 録画機が増えたら録画番組も増える。  手に負えないぐらい録画本数が増えてしまった。録画が増えても見る時間は増えない。ダビングでしのごうとするが、ダビングに時間とメディア代がかかって余計に見る時間がなくなる。悪循環だ。  確か、去年は「大河50作」で騒いでいた。今年は「坂の上の雲」の全編撮り直しと「ミラノ・スカラ座」のせいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さど☆まさし「完全版」放送日

 「さど☆まさし・題名のある音楽界」完全版は20日に放送するようだ。  BSプレミアムで朝10時から1時間45分。  広報はこれからかな?  「山田洋次監督の選んだ日本の名作100選」で「Shall We ダンス?」がこの日あるので予約をしにいったら見つかった。  「さど☆まさし」というユニットは、佐渡さんが眼鏡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生さだ」~さど☆まさし?

 「生さだ」は録画しながら布団入って見てます。  途中で寝ても大丈夫なように。 これなら、録画視聴だけよりいいでしょ?録画してて寝ても、最初からまた録画を見るから濃いよ、見方が…。  今回は米子鬼太郎空港から放送。最初のほうはついていけなかった。そもそも宮木由香さんってだれ?今は結婚して東京ってことは、前には鳥取にいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなとこにもさだまさし

 竹内街道を大和側から歩いていたときのことだ。  茶店の前に二人の高名な方の写真が貼ってあるのに気づいた。  場所は当麻寺の門前。  五木寛之とさだまさし。  五木さんは「百寺巡礼」かな。  まっさんは何だろう?    「家族に乾杯」?  それともコンサートかしら?  篠山といい、こちらといい、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生さだ」~仙台編

 今回の「生さだ」は仙台から。  今年は回数が多い。震災の影響だろう。  仙台放送局の前に集まった応援団のなかには「十津川支援」のプラカードもあった。  これだけ天災があちこちで続くと、日本全国安全な土地はないような気になってくる。  「その街のこども」劇場版を見た。  テレビではカットされていた台詞など新しい発見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白山三馬場巡り、は一日にしてならず!

 高速道路、千円乗り放題も終わり。  ということなので、  かねて計画していた白山の三馬場を巡ろう、と決断した。岐阜県の白山長滝神社、石川県の白山ひめ神社、福井県の平泉寺である。  それにしても、大阪を起点にして、1日で回れるか?  総距離700キロ余りとナビは計算してくれた。10時間半、走ることになる。途中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生さだ」~岐阜編~鮎で一杯!

 岐阜で呑んだのは一回だけ。  しかし、その経験は濃かった。一晩で6軒、ハシゴ。最高記録だと思う。  「風の谷から」という歌は初めて聴いたのであるが気に入った。「鮎で一杯やらないか」という歌詞がいいね~。わしの場合、酒が出てくればなんでもいいのかもしれない。題から「風の谷のナウシカ」の便乗ものか、と思って聞きもしなかったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様のおはなし~「風に立つライオン」

 なんでこんなに混んでいるのか?  伊勢自動車道を南へ走りながら奇異の念に駆られた。  高知から奈良へ引っ越しをしてきた姪っ子を案内した。2月の3連休は建国記念日を初日とするので伊勢神宮は混雑するだろう。そう思って1週手前に外しての参拝だったのだが、やたらと車が走っている。「変よね~」と妻。  案の定、外宮手前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生さだ」~金沢編

 今回の「生さだ」は金沢から。  「生さだ」は録画にして、アジアカップをリアルタイムで見た。二画面で見る、という選択肢があることは「生さだ」の録画をみて教えてもらったが、それならNHK・BSとテレ朝の二画面を選んでいただろう。ゴールの際の、民放アナや解説者の興奮した語りはNHKでは味わえない。  スポーツは実況が命だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生さだ→ニューイヤーコンサート

 年越しのテレビと云えば、「紅白」→「ゆく年くる年」が定番だった。  最近は、年を越してからの「生さだ」→「ニューイヤーコンサート」。これが定番になってしまった。手をかけた歌番組よりも、構成がシンプルで、容易に変わらないものに好みが遷ってしまった。じゃ「ゆく年くる年」はどうなんだ!といえば、この時間は子供らがザッピングでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

親父の一番「短い」日

 さだまさしの歌は長い。  そのなかでも「親父の一番長い日」は相当に長いと思う。恋人を連れてきた娘に結婚の許しを与える父親の一日を描いた歌だが、とにかく長い。「殴らせろ」とか、かなり暴れるお父さんである。  先日、そういう立場になった「お父さん」と一献、かたむけた。  答えはひとつで、これは娘に無条件降伏しかない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここにもさだまさし

 ゴルフで遅くなってしまったので蕎麦でも食べようと思い篠山市内に車を置いた。  すっかり暗くなってしまったが、久しぶりの篠山である。4月のさくら祭りを前に、すでにお堀端にはぼんぼりが鈴なりに釣り下げられていて幻想的な雰囲気を醸し出している。何度かこの城下町には来ているが、夜を歩いたのは初めてかもしれない。店はほとんど閉まってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この空を飛べたら~J・ウィリアムス

 昔からSF映画には目がなかった。  物心ついて一番印象に残った映画が「2001年宇宙の旅」だった。あれほどの映画はなかった、と今でも思う。  小学校四年生の頃に天文少年だった僕は、生駒の天文台で開かれる天体講座に毎年通っては宇宙に夢を駆せた。年を経て、数学は駄目、物理も駄目という現実に直面して、天文学者になる夢を諦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意見には個人差があります~2

 これ、NHKが不定期に深夜にやっている「さだまさしの今夜は生で・・・から」という番組で、ときどき、出てくる手書きフリップである。  さだまさしの発言が暴走しかけると、横にいるスタッフ兼出演者がパッと差し出す。生中継なので電子テロップでは間に合わないんだろうが、手作り感があふれて、なかなかいい。  制作費削減で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more