スパムおにぎり

 ここ数年、毎年のように沖縄に出張があって、ついでにゴルフも楽しんだ。  ゴルフ場の茶店でよく目にしたのがスパムおにぎりだった。  これが実にうまい。  スパムに玉子焼きを載せて、海苔でごはんを巻いている。これが基本形。  沖縄のゴルフはスループレイなので、ちょいとつまむのには最高だ。  塩気もあり、暑いなかのプレ…

続きを読むread more

神戸ハイボール

 ここ数年、年数表示があるジャパニーズ・ウイスキーがひどく高い値段で取引されている。  NHKの「マッサン」(2014年)がヒットしたこともあり、ちょうど海外でも売れ始めていた日本のウイスキーは国内外の需給がひっ迫して品薄になり、そこに投機的な取引も加わって、バーで値段をきいて肩をすくめることが増えた。  メーカーのほうでも困っ…

続きを読むread more

アバドのマーラー

 アバドの指揮したマーラーの「第9」と「第10」の交響曲は驚くべき明晰さで響いた。  アバドのマーラーを聴いたのはこのCDが初めてである。  マーラーは長い間バーンスタインがすべてだった。テンシュテットもレヴァインもクレンペラーもバルビローリもバーンスタインほどには感動できなかった。わたしにとってバーンスタインのマーラーは別…

続きを読むread more

ミッシェル・ベロフのこと

 ベロフとの出会いは高校生の頃の話だ。  わたしのクラシックへの傾倒はこの時期から始まった。高校から大学にかけては小遣いの大半をクラシックのレコードと本代に注ぎ込んでいた。  音楽会にも顔を出していたが今でも印象に残っている演奏が、朝比奈隆で大阪フィルのブルックナーの7番の演奏を聴いたとき、リヒテル、ワイセンベルグの演奏会、…

続きを読むread more

解決の和音

アニメ「ピアノの森」が佳境に入ってきた。  友人が 「マズルカってやっぱりいいなぁ」  といってきた。  今年はポーランドと日本が国交を樹立して100年。  そういうことでショパンを通じてもっと交流を図ろうというイベントが全国で行われる。「ピアノの森」のアニメ化もその一環なのかもしれない。  聞けばポーランドはず…

続きを読むread more

バーンスタイン賛

 若いころ、ブラームスが苦手だった。  交響曲第1番を「いいなぁ」と思うようになったのはバーンスタインがウイーンフィルと1981年に録音したCDを聴いてからだ。わたしの年齢でいえば30台半ばのころ。  ティンパニの連打とともに上下する弦楽器の奏でるやるせなさ、オーボエのソロにホルンが重なり、フルートが唱和し最後にチェロが引き受け…

続きを読むread more

「刑事フォイル」戦後編

 「刑事フォイル」の戦後編が4月6日の放送から始まる。  ようやく吹替で見れるのが楽しみだ。  大学の専門課程にナチの研究をしている先生がいらっしゃった。  その道の権威だった先生の指導を受けたい学生が全国から沢山集まっていた。  その一人、東京から院生で入ってきた先輩女史はロンメル将軍のファンだった。  イタ…

続きを読むread more