レコードプレーヤーの復活

IMG_8148.jpg 押入れを整理していたらレコードが出てきた。
 CDプレーヤーを買うときにレコードは全部売却して購入原資にあてたはずだったが、どうやら亡父のもっていたものは残していたようだ。
 父のカラオケのレパートリーだったLPが20枚ほど。
 それになぜか父のマンションに持ち込んでいたのであろう私のLPが2枚。

「さて、どうしたものか」
 まだ父のレコードプレーヤーが残っているのを思い出した。

 TechnicsのSL-5という機種だ。
 父は阪神・淡路大震災のあと10か月ほどして亡くなったが、落ちて壊れたオーディオ機器の修理も律儀にやっていた。
 このプレーヤーもカバーなどは凹んでいるがきちんと回るようになっていた。それは当時確認していた。

 しかし、それから25年近く通電もしていない。
 引っ張り出して恐る恐る電気を入れるとなんと動くではないか。

「テクニクス、すごい!」
「日本のモノづくり、すごい!」

と感動した。

 ただ、アームが一定以上の場所から先へ進まない。
 理系の先輩に相談すると「修理してあげよう」というのでありがたく持ち込んだ。
 すると見事に動くようになったのである。

 目下、
「これで最後(!)」
と決めたアンプの納品を待っているところ。
 これにはMM/MCのイコライザーも付いている。
 アナログ・レコードの再評価を試すいい機会だ。

 早速、中古LPを探し始めたことは皆さまの想像通りである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント