梅雨時の時代劇~「妻は、くの一」「大岡越前」「酔いどれ小籐次」

画像

 「妻は、くの一」は続編への含みを残して終わった。

 あそこで終わりはないだろう。
 続編が期待できそうである。
 原作は明治時代や南北戦争前のアメリカを舞台に展開されている。
 こっち方面へ進出したら時代劇の新機軸なのだが。

 そうそう、地上波で再放送が決まってご出世おめでとうございます。
 地上波ってBSより偉いのかしら?

 (苦笑)

 少なくとも、視聴人口は多いようだ。
 BSと地上波では、この零細ブログでとりあげたコメントでもアクセス数が変わる。
 原作とは大違いだが、こういう時代物にまでけちはつけない。

 「大岡越前」は4回目からの再スタートとなった。
 江戸っ子の景気のいいやりとりが気に入ってる。
 一番、輝いているのは津川雅彦翁ではないか。
画像
 この作品のテーマ曲は故・山下毅雄さん作曲のオリジナルに少し手を加えたものだが、やはりいい。
 この方が「佐武と市捕物控」の作曲家でもあったとは、今回、調べてみて初めて知った。

 似てますよ。
 曲想も口笛も。
 
 ちなみにアニメ版の「佐武と市捕物控」はこの夏に全編、DVDで再発売されるようだ。
 全部、みたいというほどの入れ込みはないのだが、珍しく白黒の大人向けアニメであったこの作品には、「11PM」をみるようなドキドキ感があったことだけ、よく覚えているのだ。

 正月に放送された「御槍拝借」の続編である「酔いどれ小籐次」も6月21日からシリーズ化される。
 最大の関心は「おりょう」さま役だったが、これは比嘉愛未嬢。

画像


 予告編のカットをみたときはまるで誰だか分からなかった。
 予想外のキャスティングでちょっとびっくり。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい