タコ部屋から

アクセスカウンタ

zoom RSS 袋小路の大河ドラマ

<<   作成日時 : 2015/09/12 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 「花燃ゆ」は大河ドラマだから面白くなくても見ている。


 かなり我慢して見ている。

 そうまでして見なくてもよいではないかと思うが、ずっと見てきたので見ている。
 そうまでして見てもらいたくない、とNHKに言われても見る。

 面白くない理由ははっきりしていて、女を主人公にして女が書いた脚本の大河は全く面白くないからだ。
 最近は隔年でこの路線で、ずっと転けている。

 ひろく国民のニーズに応えなければならないNHKであるから、女性を意識した大河ドラマも期待されているだろう。
 しかし、わたしにいわせれば、この手の女性迎合路線は女を主人公にしただけで、歴史を動かしているのは、昔から何度も描かれている男であり、ヒロインは結局、評論家のような立場で登場しているだけだ。
 一番ひどかったのは「江」で、彼女は政界レポーターをやっていた。

 先日、発表された再来年の大河、「おんな城主 直虎」 に至っては、聞いたこともない女主人公が起用され、日本史の画期的時期とはあまり被さらない時代が描かれる。彼女は本能寺の変をみることなく死去しているのである。
 井伊家といえば徳川の忠臣であり、幕末まで大いに名のある家系であるが、その礎を築いた「おんな城主 直虎」さんには興味ももてそうにない。

 余計なお世話だろうが、演ずる役者さんには同情すら覚えるのである。

 そんなこと書きながら結局、また見て、文句たれるんだけどねぇ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
袋小路の大河ドラマ タコ部屋から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる