タコ部屋から

アクセスカウンタ

zoom RSS 「平清盛」〜硬派でたのんますわ

<<   作成日時 : 2011/05/14 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 期待できるかな?と思わないことにしよう。

 来年度大河ドラマ「平清盛」のキャスティング発表があった。松山ケンイチに「頑張れ」と背中を押した中井貴一が平清盛の父・忠盛役。このくだりは「よみがえる大河ドラマ」の最終回で放送されていた。

 源義朝役の玉木宏は、最近、よく大河に登場する。「功名が辻」で山内一豊の弟役、「篤姫」では坂本竜馬役。

 藤本隆宏(伊藤忠清役)は「坂の上の雲」で広瀬武夫。伊藤忠清というひとはよく知らない。日本人名大辞典では「藤原忠清」でヒットする。平家物語では「上総守忠清」で登場する人物。

 崇徳天皇役のARATAは「チェイス〜国税査察官」で脱税指南をしたコンサルタント役で登場していた。

 藤原忠実役の國村隼は「大仏開眼」で聖武天皇。

 藤原頼長役の山本耕史はいわずと知れた「新選組!」の土方歳三。NHKには「陽炎の辻」でも貢献を続けている。

 非常に重要な役回りを演じるであろう後白河天皇は松田翔太。「篤姫」では徳川家茂を演じた。さわやかイメージの家茂だったが、日本国第一の大天狗とまで云われた後白河。どこまで演じ切れるのかが楽しみである。イメージ的には「新平家物語」の滝沢修が印象に残っている。滝沢修は大河ドラマ「源義経」で藤原秀衡を演じた。わしにはその大人風のおおらかなイメージが強く、権謀術策を駆使する後白河役に違和感があった。ちなみにこのときの平清盛役は辰巳柳太郎。記憶にない。

 信西役は阿部サダヲ。NHKで何に出演したかは知らねど、フジテレビの「不毛地帯」で新聞記者役をしていた。あれは似合っていた。ちなみにこのときの鮫島役はあかりの父、遠藤憲一が演じていたが、随分コミカルにやっていたのが印象に残る。

 さて西行法師(佐藤義清)役を務めることになった藤木直人が分からない。分からないというのは西行が、「平清盛」に出てくるということだ。平家物語に西行が出てくるくだりがあっただろうか?もちろん、原作ではないので出てきても別になんの不思議もないのだが、どうからませるのか、興味が尽きない。

 主役の松山ケンイチは白河院の落胤という設定のようだ。そういう噂は当時からあったようなので、ここから話をどう展開していくのか。

 脚本は藤本有紀。「ちりとてちん」は面白かったが、大河にこれ以上、コメディはいらない。

 硬派でやってくれ〜。

 さて音楽だが吉松隆が担当。大河ドラマ初登場である。千住明といい、吉松隆といいもっと早く起用されていてもおかしくない作曲家が意外にデビューが遅い。

 わしとしては、目下、最大の関心はこの音楽にある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「平清盛」〜硬派でたのんますわ タコ部屋から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる